前へ
次へ

ライフスタイルに合わせて訪問ヘルパーで働こう

介護支援を求める利用者のお宅を訪問してまわる訪問ヘルパーの仕事は、施設に勤めるよりも時間や働く日に自由が利くのが特徴です。
訪問ヘルパーとして募集される求人内容を見てみると、たいてい週に1日から、あるいは1日2時間からといった短い日数や時間が書かれていることに気づくでしょう。
施設と違い、訪問ヘルパーの仕事は家の中に入るため、助けが得られないことがもっとも難しいところです。
そのために訪問ヘルパーの仕事を希望する人が少ないのが現実で、何とか人材を確保しようということから、週に1日でも、1日に2~3時間でも働けるというところをアピールしているわけです。
訪問ヘルパーの仕事はしたことがないという人でも、資格を活かしたいと考えているなら、とりあえず週に1日から始めてみようとか、1日に2~3時間ならできるかもと思えてくるでしょう。
そこから訪問ヘルパーの経験を積んでいけば、ライフスタイルに合わせて可能な範囲内で仕事が出来るようになります。

Page Top